狂った朝日 と 汚れた血/映画部

映画や海外ドラマに関するレビュー及び思い入れのある作品について語ったり、それに付随した思い出・ライフスタイル情報を提供いたします。

ワンダーウーマン1984/DC映画の新たな方向性を示した作品

2017年の「ワンダーウーマン」の続編、「ワンダーウーマン1984」。 1984年、最愛のスティーブと死別し孤独に向き合いながら生きるワンダーウーマンこと、ダイアナ。 ある日、そんな彼女の前に、死んだはずのスティーブが現われる。 理由もわからぬまま再開を…

朝が来る/ただのお涙頂戴ものでない養子の問題を映画的技法で魅せた大傑作

現在の日本を代表する河瀨直美監督の「朝が来る」。 子供に恵まれなかった清和と佐都子の夫婦は「特別養子縁組」というシステムを知り、そこで生まれたばかりの男の子を養子にする。 6年後、夫婦は朝斗と名付けた息子の成長を見守りながら、幸せな日々を送っ…

ばるぼら/手塚治虫のもうひとつの顔を堪能でき、二階堂ふみの魅力にあふれた作品

手塚治虫原作の漫画を息子の手塚眞監督が手がけた作品「ばるぼら」。今回はネタバレでのご紹介です。 異常性欲に悩まされる人気小説家の美倉洋介は、都会の片隅でホームレスのような少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。それ以来、白昼夢のような奇妙な幻…

罪の声/グリコ森永事件を発展させた王道日本映画の犯罪サスペンス

このブログでとりあげるには珍しい題材ですが、現在大ヒット公開中の作品「罪の声」。 京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日偶然、父の遺品のカセットテープと手帳を見つける。 カセットテープをきいてみると、何かを指図している自分の声が入っていた。 …

異端の鳥/人間の恐ろしさをリアルに描いたまぎれもない大傑作

チェコ・スロバキア・ウクライナ合作映画で第76回ヴェネツィア国際映画祭におちてユニセフ賞を受賞した作品「異端の鳥」。 上映時間が3時間ということで、なかなかハードルが高い作品ですが、、まぎれもない傑作です。 ホロコーストから逃げてきたユダヤ系の…

ザ・ハント/現代アメリカを痛烈に皮肉った人間狩りムービー

人間狩りを題材にしたサバイバル・アクション映画「ザ・ハント」。 森の中で12人の男女が目を覚ます。 猿ぐつわをされた状態で、しかもここがどこなのかは誰も知らない。 目の前におかれた巨大な木箱を見つけ、中をあけると1匹のブタとたくさんの武器が入っ…

マンダロリアン・シーズン1を振り返る!

10月30日よりディズニー+で配信開始となるスターウォーズのスピンオフ作品「マンダロリアン」シーズン2。 大作系の映画が全部延期になっている現状、ドラマやネットフリックス作品に期待する日々がつづきそうですが、そんな空虚な映画ファン、そしてスター…