狂った朝日 と 汚れた血/映画部

映画や海外ドラマに関するレビュー及び思い入れのある作品について語ったり、それに付随した思い出・ライフスタイル情報を提供いたします。

TENET(テネット)/またも映画の可能性を広げた天才ノーラン監督の最新作

待ちに待ったクリストファー・ノーラン監督最新作「TENET(テネット)」。 ウクライナオペラハウスでテロ事件が勃発。 現場に突入した特殊部隊員の男は、捕らえられて毒を飲まされるが、毒はいつの間にか鎮静剤にすり替えられていた。 その後未来から「時間の…

海辺の映画館―キネマの玉手箱/監督・大林宣彦の遺言的作品

偉大なる映像作家・大林宣彦監督最後の作品「海辺の映画館―キネマの玉手箱」。 尾道の海辺にある映画館「瀬戸内キネマ」閉館の日、最後の上映は日本の戦争映画大特集であった。 その映画を見ていた3人の若者が、突如として劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ「…

【テネット公開記念】ダンケルク/クリストファー・ノーランが新しいステージに突入した快作

戦場からの大脱出を描くノーラン流戦争映画「ダンケルク」。 第二次世界大戦初期の1940年、ドイツ軍の攻撃にあい撤退を余儀なくされた英仏40万の兵士たちは、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられていた。 遠浅の海岸で大きな船が碇泊できないこ…

【テネット公開記念】インターステラー/SFを身にまとった親子関係を描く人情映画

クリストファー・ノーランの映画愛が爆発した超大作「インターステラー」。 近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類は滅亡の危機にあった。 トウモロコシ農場を営む元宇宙飛行士のクーパーは、娘のマーフとともに解読したメッセージが指し示す場所…

【テネット公開記念】インセプション/ノーラン的世界が最も堪能できる傑作

映画史に残る傑作「ダークナイト」の次にクリストファー・ノーラン監督が創造した世界.....「インセプション」。 企業スパイの世界でトップの腕前をもつコブは、人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むという技術…

【テネット公開記念】プレステージ/嫉妬と怨念によって展開されるドロドロ人間模様の傑作

9月に3年ぶりの新作「TENET」が公開されるクリストファー・ノーラン。 ノーランの作品といえばやはり「ダークナイト」がイメージされますが、その1本前に撮った作品で、ヒース・レジャーの歴史的怪演を引いてしまえば明らかに「ダークナイト」より映画の出来…

【テネット公開記念】インソムニア/発掘良品感覚で見たいビッグネームが並ぶ作品

「メメント」によって注目されたクリストファー・ノーラン監督がハリウッドで撮ったはじめての作品「インソムニア」。 白夜のアラスカの田舎町で起こった少女の殺人事件の捜査のため、LA市警からドーマーとハップが派遣される。 一方、LAでは内務監察部によ…

【テネット公開記念】メメント/クリストファー・ノーランを一夜にして成功に導いた画期的作品

クリストファー・ノーランという新しい才能が発掘された作品「メメント」。 主人公レナードは記憶が10分間しか保てない前向性健忘の男で、ポラロイドで人物の写真を撮り、大切なメッセージを残すため常にメモをとり、時には身体に刺青を入れメッセージを残し…

【テネット公開記念】フォロウィング/ノーラン監督の才能の片鱗を見せつけた制作費6000ドルの処女作

TENETの公開が町同士いクリストファーノーラン監督の長編処女作「フォロウィング」。 作家志望のビルは、アイデア探しと退屈しのぎから、誰彼かまわず尾行をすることが習慣になっていた。 ある日、コッブという男に尾行を気づかれしまう。 コップは泥棒を生…

【テネット公開記念】ダークナイト・トリロジーをふりかえる

9月に新作「テネット」の公開が控えているクリストファーノーラン。 彼がつくった バットマン三部作は「ダークナイト・トリロジー」と称され、特に第二作の「ダークナイト」は映画史においても重要なマスターピースとなっています。 クリストファーノーラン…

マ・ドンソク/キャラクタートップ10

韓国、そしてアジアを代表する俳優・マ・ドンソク。 彼がこれまで出演してきた映画の中で演じてきたキャラクターを、 個人的好みで勝手にランキングしてみました。 2016年の「新感染/ファイナルエクスプレス」でブレイクしてから、 続々とマ・ドンソク主演…

フェニックス~約束の歌~/ベタな作品と侮れない韓国映画の底力

マ・ドンソク目的で、それほど期待しなくて見た映画「フェニックス~約束の歌~」。 泣きの名作という評価で「ROCKIN' ON HEAVEN'S DOOR」というタイトルからも、ちょっとベタすぎて、マ・ドンソクが出演していなければ絶対見ていなかったであろう作品ですが…

殺人者/マ・ドンソク主演の血塗られた小さな恋のメロディ

私が見たマ・ドンソクの映画の中で、彼が最も暗いキャラクターを演じている作品.....「殺人者」。 母のいないヨンホは、田舎で犬飼いの父と二人で暮らしていた。 ある日、ソウルからきた転校生の少女と仲良くなるが、少女が酔った母親とともにヨンホの父親に…

群盗/熱い黒澤オマージュを感じられるキムチウエスタン

「悪いやつら」のユン・ジョンビン監督が、韓国時代劇を西部劇のフォーマットを介して魅力的なキムチウエスタンに仕上げた傑作「群盗」。 朝鮮王朝末期の1862年、民衆は悪徳官僚や貴族の支配の下、納税と強制労働で自由を奪われ、苦しい生活を強いられていた…

悪いやつら/腐敗した社会を生きる最高の外道の物語

チェ・ミンシクとハ・ジョンウ、韓国を代表する二人の名優が、裏社会で生きる男たちの運命を演じた作品「悪いやつら」。 1982年、釜山の税関の検査課主任のイクヒョンは、夜の巡回中に大量の覚せい剤を発見する。 密輸や賄賂が当たり前の税関内で、これまで…

罠〜Deep Trap〜/もしもマ・ドンソクが殺人鬼だったら.....

この映画を見たら、もうマブリーなんて絶対言えない!.....「罠〜Deep Trap〜」。 ソヨンとジュンシクは結婚5年目の夫婦。 2年前に子供が流産して以来、ジュンシクは妻との性行為ができなくなっていた。 ソヨンはジュンシクに気分転換に旅行をしようと提案し…

守護教師/マ・ドンソクを意識せず、ミステリーものとしてご鑑賞を...

マ・ドンソクが女子校の先生に! マブリー演じる体育教師のドタバタコメディ.....ではなく、腐敗した社会を描くミステリー作品「守護教師」。 暴力が原因で職を失ったボクシングの元東洋チャンピオンのギチョルは、妹の紹介で女子高の体育教師という新しい仕…

犯罪都市/韓国ノワールの傑作でありこれぞTHEマ・ドンソク映画

2004年ソウルで起きた朝鮮族組織の一掃作戦を基にした作品で、マ・ドンソク=人類最強のイメージの植え付けた韓国ノワールの傑作「犯罪都市」。 ソウルのクムチョン警察・強力班の刑事マ・ソクトは、対立する暴力団・毒蛇組とイス組のボスの仲を取り持ちなが…

新感染 ファイナル・エクスプレス/ハリウッドに負けない超一級のエンターテイメント

マ・ドンソクが一躍スターダムに躍り出た韓国発のゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」。 ファンドマネージャーのソグは仕事一筋で家庭はほったらかし。妻と別居し、母と、娘のスアンと暮らしていた。 娘が誕生日にひとりで母親に会いに行こうとし…

アンダードッグ 二人の男/クールなトーンで描かれる犯罪青春韓国映画

マ・ドンソクを目当てに見た映画「アンダードッグ 二人の男」。 ブレイク前に撮られた作品で、主役というわけではなく、あの体でありながらうまく作品に馴染んでいるところに、確かなスキルをもっている「俳優マ・ドンソク」を感じられる作品です。 ストリー…

ザ・ソウルメイト/マ・ドンソク主演映画の中でもちょっと残念な作品

4本目のマ・ドンソク映画の投稿「ザ・ソウルメイト」。 柔道館の館長ジャンスは、事故で妻を失ってから心臓に病気を持つ娘ドギョンと2人で暮らしていた。 彼は密入国犯を追う熱血警官テジンが襲われた事件に巻き込まれて負傷してしまう。 二人は病院に搬送さ…

無双の鉄拳/マ・ドンソク入門編として最適な作品?

マ・ドンソク主演の2018年の韓国映画「無双の鉄拳」。 ドンチョルは市場で働くうだつのあがらない男。 ある夜、美人の妻と食事中に彼女の機嫌を損ねてしまい、彼が席をはずしてる間に彼女は先に帰ってしまう。 ドンチョルはあわてて家に戻るのだが、部屋は荒…

ファイティン!/マ・ドンソクのもうひとつの魅力が全開の腕相撲映画

「悪人伝」が思いのほか面白かったので、しばらくはマ・ドンソクを見続ける日々なのか.....ということで、まずは軽いタッチのものを選んでみました、、「ファイティン!」。 幼少期に韓国からアメリカに養子に出されたマークは、アームレスリングでオハイオ…

悪人伝/マ・ドンソク主演でなくても十分見応えのある今の韓国映画を象徴する作品

韓国で大ヒットし、シルヴェスター・スタローン制作でハリウッドリメイクも決定している映画「悪人伝」。 主演はマ・ドンソク.....ということは、また無敵のマ・ドンソクがカッコ良くメチャクチャに暴れまくる映画なんだろうと勝手に思っていましたが、意外…

ヤング≒アダルト/胸糞なのに何故かせつないブラックコメディの秀作

シャーリーズ・セロンという女優は、毎回全く違ったキャラクターを演じて私たちを楽しませてくれますが、そんな彼女のフィルモグラフィーの中でも、かなりインパクトのあるキャラクターを演じている作品なのではないでしょうか。 ジェイソン・ライトマン監督…

イーオン・フラックス/展開は追わずにシャーリーズ・セロンだけを見ていれば良い作品

シャーリーズ・セロンがアクション映画に本格的に主演した最初の作品「イーオン・フラックス」。 2011年、ウイルスによって人類の99%が死滅してしまった世界で、生き残った500万人は、ワクチンを開発したトレヴァー・グッドチャイルドの一族の管理化の下、外…

オールド・ガード/シャーリーズ・セロンが男前すぎるアクション映画

我らが姉御シャーリーズ・セロンが主演・プロデュースのネットフリックスオリジナル作品「オールド・ガード」。 不死身のからだをもち、何世紀にもわたり歴史の影で暗躍してきた特殊部隊“オールド・ガード”。彼らの不死身の能力を解明し、大金を稼ぎ出そうと…

WAVES(ウェイブス)/映像と音楽で語る青春映画の傑作

めくるめく映像、鮮やかな色彩、心に残る音楽、、話題のプレイリストムービー「WAVES」を見てきました。 映画は映像が美しければOKな自分にとって、はずれても良いくらいの感覚あまり期待せずに見に行きましたが、、ストーリーにヤラれました!名作です! 「…

復讐者に憐れみを/現代の巨匠パク・チャヌクの真にスタートとなった作品

パク・チャヌク監督が「JSA」の次に撮った作品が「復讐者に憐れみを」。 原作の映画化だった「JSA」と違い、監督自らのオリジナルストーリーである作品です。 聴覚障害者のリュウは腎臓病を患う姉の手術代を見繕うため恋人のユンミと共謀し会社社長の娘を誘…

ハーフ・オブ・イット/古典の要素をうまく取り入れた現代青春恋愛劇の傑作

ここ数年「名作」を連発しているネットフリックスオリジナルで、またひとつ名作が誕生しました。 「ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから」。 監督であるアリス・ウーの実体験をベースにつくられた青春恋愛映画の傑作です。 アメリカの田舎町で暮らす中…