狂った朝日 と 汚れた血/映画部

映画や海外ドラマに関するレビュー及び思い入れのある作品について語ったり、それに付随した思い出・ライフスタイル情報を提供いたします。

サスペンス

TENET(テネット)/またも映画の可能性を広げた天才ノーラン監督の最新作

待ちに待ったクリストファー・ノーラン監督最新作「TENET(テネット)」。 ウクライナオペラハウスでテロ事件が勃発。 現場に突入した特殊部隊員の男は、捕らえられて毒を飲まされるが、毒はいつの間にか鎮静剤にすり替えられていた。 その後未来から「時間の…

【テネット公開記念】ダンケルク/クリストファー・ノーランが新しいステージに突入した快作

戦場からの大脱出を描くノーラン流戦争映画「ダンケルク」。 第二次世界大戦初期の1940年、ドイツ軍の攻撃にあい撤退を余儀なくされた英仏40万の兵士たちは、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられていた。 遠浅の海岸で大きな船が碇泊できないこ…

【テネット公開記念】プレステージ/嫉妬と怨念によって展開されるドロドロ人間模様の傑作

9月に3年ぶりの新作「TENET」が公開されるクリストファー・ノーラン。 ノーランの作品といえばやはり「ダークナイト」がイメージされますが、その1本前に撮った作品で、ヒース・レジャーの歴史的怪演を引いてしまえば明らかに「ダークナイト」より映画の出来…

【テネット公開記念】インソムニア/発掘良品感覚で見たいビッグネームが並ぶ作品

「メメント」によって注目されたクリストファー・ノーラン監督がハリウッドで撮ったはじめての作品「インソムニア」。 白夜のアラスカの田舎町で起こった少女の殺人事件の捜査のため、LA市警からドーマーとハップが派遣される。 一方、LAでは内務監察部によ…

【テネット公開記念】メメント/クリストファー・ノーランを一夜にして成功に導いた画期的作品

クリストファー・ノーランという新しい才能が発掘された作品「メメント」。 主人公レナードは記憶が10分間しか保てない前向性健忘の男で、ポラロイドで人物の写真を撮り、大切なメッセージを残すため常にメモをとり、時には身体に刺青を入れメッセージを残し…

罠〜Deep Trap〜/もしもマ・ドンソクが殺人鬼だったら.....

この映画を見たら、もうマブリーなんて絶対言えない!.....「罠〜Deep Trap〜」。 ソヨンとジュンシクは結婚5年目の夫婦。 2年前に子供が流産して以来、ジュンシクは妻との性行為ができなくなっていた。 ソヨンはジュンシクに気分転換に旅行をしようと提案し…

守護教師/マ・ドンソクを意識せず、ミステリーものとしてご鑑賞を...

マ・ドンソクが女子校の先生に! マブリー演じる体育教師のドタバタコメディ.....ではなく、腐敗した社会を描くミステリー作品「守護教師」。 暴力が原因で職を失ったボクシングの元東洋チャンピオンのギチョルは、妹の紹介で女子高の体育教師という新しい仕…

悪人伝/マ・ドンソク主演でなくても十分見応えのある今の韓国映画を象徴する作品

韓国で大ヒットし、シルヴェスター・スタローン制作でハリウッドリメイクも決定している映画「悪人伝」。 主演はマ・ドンソク.....ということは、また無敵のマ・ドンソクがカッコ良くメチャクチャに暴れまくる映画なんだろうと勝手に思っていましたが、意外…

復讐者に憐れみを/現代の巨匠パク・チャヌクの真にスタートとなった作品

パク・チャヌク監督が「JSA」の次に撮った作品が「復讐者に憐れみを」。 原作の映画化だった「JSA」と違い、監督自らのオリジナルストーリーである作品です。 聴覚障害者のリュウは腎臓病を患う姉の手術代を見繕うため恋人のユンミと共謀し会社社長の娘を誘…

透明人間/秀逸な予告編をさらに上回る驚きの傑作サスペンス

H・G・ウェルズのSFの古典を、リー・ワネル監督が現代的解釈でリブートした映画「透明人間」。 今年3月にアメリカで大ヒットしたこの映画、面白いという噂を耳にしていたこともあり公開初日に見に行きましたが.....驚きのラストでした! 久しぶりに全く予想…

「透明人間」を見る前に見るべき作品その5/スピルバーグの「激突」

7月10日から公開の「透明人間」を見る前に見ておきたい最後の映画は若き日のスティーブン・スピルバーグが撮った名作煽り運転ムービー「激突」です。 今回の「透明人間」は主人公の恋人の偏執的ストーキング行為が描かれているようですが、ストーカー的恐怖…

「透明人間」を見る前に見るべき作品その4/見えない恐怖

7月10日から公開の「透明人間」についてあれこれ調べていたら、70年代の映画で興味深い作品を発見したので見て見ました.....「見えない恐怖」。 「ソイレント・グリーン」などを監督したリチャード・フライシャーの1971年の作品で、主演はミア・ファロー。 …

「透明人間」を見る前に見るべき作品その3/オリジナル版「透明人間」

近日公開の話題作「透明人間」を見る前に見ておきたい映画の第三弾。 今回は、H・G・ウェルズの原作を映画化した1933年の作品「透明人間」。 なかなかこの年代の作品を鑑賞する機会はないのですが、あの「キングコング」もこの年に公開されています。トーキ…

暗数殺人/日本の伝統的ミステリーの雰囲気漂う傑作韓国映画

韓国で起こった実在の事件をベースに制作され、韓国映画界の最高峰である「青龍映画賞」で脚本賞を受賞した作品「暗数殺人」。 韓国を代表する名優キム・ユンソクと「アシュラ」他幅広い映画で活躍するチュ・ジフンが火花を散らす犯罪サスペンス映画の秀作で…

「透明人間」を見る前に見るべき作品その1/インビジブル

7月10日から公開の話題のホラー映画「透明人間」。 その公開前に透明人間にまつわる作品をあれこれご紹介していきます。 まず最初の作品は、鬼才ポール・バーホーベン監督による2000年の透明人間映画「インビジブル」。 「ショーガール」の興行的大失敗から…

サスペリア/個性派監督の手によって再び傑作となった名作ホラーのリメイク

7月10日から公開する話題の映画「透明人間」。 次回から「透明人間」を見る前に見ておきたい作品をご紹介しますが、今回は昨今傑作が次々と生まれているホラー映画の中でも私の好きな作品をご紹介します。 2019年度に見た映画の中で個人的ベストワンの作品で…

ポンジュノ監督の才能が開花した韓国ノワールの大傑作/殺人の追憶

「パラサイト」でオスカーを受賞した現代の巨匠ポン・ジュノ監督が2003年に撮った長編第二作「殺人の追憶」。 ポン・ジュノ監督はどの作品もおもしろいのですが、クセの強い作品も多く、最初に見る映画によっては二度と監督作を見なくなる可能性も秘めている…

パラサイト/圧倒的なエンタメで格差社会を描く、映画の新たなフォーマットを創造した大傑作

映画館が再開されて一週間以上たちました。新作がポツポツ公開されてる中でロングランを続けているのが韓国映画「パラサイト」。ご存知の通り、今年2020年のアカデミー賞でアジア映画としてはじめて作品賞を獲得した作品です。昨年のカンヌ国際映画祭のパル…

クリント・イーストウッドの未だ進化するテクニックが光る快作/リチャード・ジュエル

「運び屋」から1年、衰え知らずの90歳・クリント・イーストウッド監督作品「リチャード・ジュエル」。 イーストウッド監督の作品はハズレと言い切れる作品はないのですが、「グラン・トリノ」以来、グッと来る作品がなかった私にとって、今作は久しぶりの快…

「JOKER」にも通じる恐ろしいコメディ映画の傑作/US(アス)

ここ数年、格差社会を描く映画が高く評価されていますが、エンターテイメントでそのテーマを扱っているという点で、「ジョーカー」や「パラサイト」と並ぶ代表作であるジョーダン・ピール監督の「US」。 前作の「ゲットアウト」は、ブラックコメディの度が過…

ブラピ主演のSF愛あふれる人間ドラマ/アド・アストラ

ブラッド・ピットが初のSF宇宙作品に挑んだ「アド・アストラ」。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で念願のオスカーを手にしたブラピが、SF映画に主演?...ということで、期待半分不安半分で見た作品でしたが、私の好きなトーンのSF作品で非…